モートン(Morton)神経腫

モートン(Morton)神経腫

旅行で歩きすぎてから、第3趾と第4趾の付け根が痛み、趾の間に響く、きつめの靴を履くと痛いし、そうかと言って、裸足で床の上を歩いても痛い。

真の腫瘍である神経腫ではなく、圧迫により神経が肥大した偽神経腫である。神経走行の特異性から、第3~4趾間の総趾神経の移動性が乏しいので、圧迫されやすい。踏み潰されると炎症を起こし、軸索間の繊維化を生じ、神経が紡錘状に肥大する。一度肥大すると踏みつけられやすくなり、悪循環に陥る。第3趾の外側、第4趾の内側に焼けるような放散痛を生じるが、典型的な痛みは少なく、踏み返し字の圧痛を主訴とすることのほうが多い。踏み返し時には、骨頭部が突出して圧が集中するばかりでなく、神経が伸展されて開張足が強くなり、靴の中では内外側から押されて骨頭間が狭まり、神経が圧迫されやすくなる。そのため、安静と趾の背屈を防止するために、全長のシャンクを入れたロッカーボトムで幅広めの靴を処方する。絞扼性神経障害が本態なので、局所のNSAIDs、ステロイド剤の局注も有効である。

(参考文献:足のクリニック)