先天性外反踵骨

先天性外反踵骨

踵と趾の付け根に胼胝ができて痛い。靴を履くと甲が当たる。

生下時、足が下腿に接するほど著明な足関節背屈と軽度外反変形を示す底屈と内反の可動域制限があり、逆に背屈と外反の可動域は増大している。足根骨の配列・形態異常はなく、背屈変形は距腿関節で生じている。底屈内反位に副子固定し、徐々に矯正すれば、予後は良い。

(参考文献:足のクリニック)