腓骨筋腱腱鞘炎

腓骨筋腱腱鞘炎

踵骨骨折の後、踵の外側が歩くと痛い。

腓骨筋腱は外果の下方で直角に方向を変えた後、踵骨結節外側を腱鞘に包まれて走行する。

踵骨骨折で踵骨結節外壁が突出したまま変形治癒すると、圧迫されて狭窄性腱鞘炎を起こし痛む。外壁の突出部を削除すれば腱鞘炎は治り、疼痛もなくなる。

(参考文献:足のクリニック)