踵骨前方突起骨折

踵骨前方突起骨折

走っていて転倒して、足を捻った。足の外側がすごく腫れて痛かった。腫れもとれ、痛みも軽くはなったが、体重を掛けたり足を捻ると痛い。

距骨外側突起骨折、立方骨圧迫骨折と並んで、最も捻挫と間違えられ看過されやすい骨折である。踵立方関節面の圧迫骨折と、前方突起縁の二分靭帯付着部の損傷があるが、いずれも近くの二分靭帯損傷と誤診されることが多い。外側靭帯や二分靭帯の断裂と診断されても、3週間以上疼痛と腫脹が続くようなら、X線写真を再撮影して、圧痛部位を中心に圧迫骨折、剥離骨折を、踵骨前方突起、立方骨関節面、距骨外側突起先端において探す。

踵骨前方突起は内返しで剥離骨折、外返しで距骨と衝突して圧迫骨折を起こす、側面X線写真で距骨と重なり見落とされ、難治性の捻挫として長期に加療されることがある。初期であれば、3週間程度のギブス固定のギブス固定により完治する。陳旧例では、外側縦アーチを保持する幅広の硬性アーチサポートを処方する。改善しなければ骨片を切除する。

(参考文献:足のクリニック)