リスフラン関節変形性関節症

リスフラン関節変形性関節症

昔から良く走っていたが、40歳頃から、走ると時々甲が痛くなり、最近では歩くだけでも痛い、そういえば練習中に何度も捻挫をしていた。

使い過ぎ、加齢による変化から、捻挫、脱臼骨折まで種々の原因で生じ、荷重による疼痛と足の甲に局所の圧縮がある。X線写真では、リスフラン関節に骨棘の形成、関節裂隙の狭小化、骨硬化を認める。高めのアーチサポートで関節の接触圧を減らし、運動を抑制する。疼痛が改善しなければ固定術を行う。

(参考文献:足のクリニック)