中足骨疲労骨折(行軍骨折)

中足骨疲労骨折(行軍骨折)

バレエダンスの練習がきつくて、つま先で立つと甲が痛む。

昔は軍隊の行軍、特にドイツ式の行軍で多発した。現在では、バレリーナに最も多い。第2趾は長く、中足足根間関節でしっかり固定されているため、第2中足骨にストレスが加わりやすく、疲労骨折がよくみられる。治療は過度の運動を禁止するだけで十分だが、疼痛が強い場合には、短期間のギブス固定か、硬性のアーチサポートで安静を図る。ただ、疲労骨折を起こすバレリーナやスポーツ選手に、過度の運動をやめさせるのは結構難しい。

(参考文献:足のクリニック)