足底筋膜付着部炎

足底筋膜付着部炎

朝、ベッドから降りてからの歩き始めが痛い。

縦アーチを弓とすれば、弦に当たる足底腱膜が、踵骨とMTP関節底側を結んでいる。縦アーチは、前足部に荷重するときに緊張して、全体重を引き受ける。さらに、踏み返し運動ではMTP関節が背屈する分だけ短くなり、縦アーチを高くしてエネルギーを保存して考えられている(巻き上げ効果、windlass effect)。このように、起立歩行に際して常に緊張を強いられているために、踵骨付着部に炎症を起こすと考えられている。

(参考文献:足のクリニック)